2017年Hawaii ④ クムカヒ灯台~Hot pond へ

2017年08月15日 00:33

ラバツリーパークを出ると、ダートロードを通りクムカヒへ。

やっと辿り着いたハワイ諸島の最東端のクムカヒは、荒涼とした海辺の土地。

でも、どうしても来たかった、'Ho'opu Ka E Ka La' で謳われている場所。

勿論、"He Mele Aloha No Puna" でも。

キラウエアと同じ火山大地とはいえ、かなり様相が異なります。

これは、その溶岩の種類が違うためだそうな。

ここの溶岩は、アア溶岩と言って、キラウエアで見られるパホイホイ溶岩より温度が低いそうで、

ガスが抜けて流れにくいためにこんな風になるそうです。パホイホイは、ハワイ語で

滑らかなという意味だそうで、アアの方が乾燥してボロボロといったイメージです。

パホイホイ溶岩が長い距離流れて温度が下がり、中に含まれていたガスが抜けてしまって

流れにくくなったときにアア溶岩に変わるとのこと。 

火の女神PELEが 大地を焼き尽くしながら進む様子は、まさしく パホイホイのほうですよね。

    クムカヒ灯台

次回は、是非早起きして クムカヒの日の出を見に来たいと思います!!

その後、車は Hot Pond のある ”Ahalanui Park" へ。

海の中の天然温泉プールという感じで、家族連れで賑わっています。

水温32℃位のちょうどなまぬる~く 心地よい温度だそう。

シュノーケリングにもお勧めとのことでしたが、お魚はいるのかな?

次回は、是非水に入って、ゆっく~りまったりしたいものです。

戻る